ウイスキー+梅酒のいいとこどり!?自家製ウイスキー梅酒の作りかた

ウイスキー梅酒 完成

梅酒といえば、甘いものが多いですよね。

わたしはそれが苦手で、梅仕事に興味を持ちつつも、梅酒を作ろうと思ったことはありませんでした。

しかし!偶然「ウイスキーでも梅酒が作れる」ということを知り、作ってみることにしたのです。

ふだん家で飲むのはもっぱらハイボール(ウイスキー+炭酸)なので、ウイスキーならいけると思うんですよね。

今回はかなり甘さ控えめのレシピなので、「甘ったるい梅酒が苦手…」という人にも向いていると思います。

また、普通のウイスキーに梅の風味が加わるため、いつもと違う味わいになるのもポイント。

今回は、ウイスキー梅酒の作りかたと、実際に飲んでみた感想をご紹介します。

ウイスキー梅酒に必要なもの

ウイスキー梅酒 材料

ウイスキー梅酒に必要なものは以下の4つだけです。

  • 青梅 750g
  • ウイスキー 1.4L
  • 氷砂糖 300g 
  • 3Lの瓶 

家にあった瓶の大きさ(3リットル)に合わせて量を決めたので、青梅の量は半端な感じです。

ネットで見つけたレシピだと2リットルか4リットルが多かったので、それに合わせて計算しました。

青梅

1kg450円で購入。ちなみに購入日は6月後半でした。

梅の時期になればスーパーや産直施設で手に入ります。

たいていはkg単位で売られていると思うので、もし1kgの梅を使い切りたい場合は4リットルの容器が必要です。

ただし4リットルってけっこう大きくて重たいので、レシピの半分で500gでもいいと思いますよ。

氷砂糖


1kg400円くらいで、スーパーで売っています。

あまり甘くしたくないのですが、砂糖を減らしすぎると梅のエキスが十分に出ないため、最低限は入れるべきです。

ちなみに、昔よく使われていた名残で氷砂糖のレシピが多いそうで、普通の砂糖でも作れます。

わたしは初めてなので、基本に忠実にいくことにしました。

ウイスキー

700mlで1400円ほどのものを2本使います。瓶が2リットルなら1本でOK。

「ウイスキーはいいものを使うべきと書いてあるレシピが多いのですが、あまり高いものだとクセが強い可能性があります。

わたしは普段からハイボールで飲んでいる、サントリーの「角」にしました。

飲み慣れたもののほうが安心ではないでしょうか。

家にあった3リットルの瓶です。

目安として、梅が500gなら2リットル、1kgなら4リットルがいいと思います。

当然ですが、瓶が大きいほどウイスキーの量も必要になるので注意。

ウイスキー梅酒の作り方

1、梅の選別

買ってきた梅から、きれいな子をえらびます。

傷があって変色していたり、小さすぎるものははじきましょう。

2、アク抜きする

ウイスキー梅酒 青梅

まずは梅をやさしく洗い、水につけてアク抜きをします。

レシピによって「一晩だと長い」「1時間でOK」「半日はつけよう」などとバラバラだったんですが、わたしはお昼に水に浸けて夕方に仕込みました。

約4時間ぐらいですね。

3、水気を拭いてヘタをとる

ウイスキー梅酒 水気をふく

ひとつひとつ、ていねいに水気を拭き取ります。

ウイスキー梅酒 ヘタをとる

そしてこのヘタを処理します。

まわりの茶色いところは多少残ってしまいますが、梅に傷がつくのはまずいのでこのまま使いました。

4、瓶を消毒する

ウイスキー梅酒 消毒

瓶は一度洗って乾かし、水気をとったあとに、ウイスキーを少量入れてぐるんぐるんとまわして消毒します。

ウイスキー自体のアルコール度数が高いのでこれでOKなんですね。

煮沸消毒するよりずっとカンタンで楽ちんです。

注意
もったいないですが、消毒に使ったウイスキーは捨てましょう。

5、瓶に梅と砂糖を入れる

ウイスキー梅酒 氷砂糖を入れる

梅と氷砂糖を、順番に瓶に入れていきます。

順番にとはいっても、砂糖の量が少ないため、そんなにきれいな層にはなってません。

6、ウイスキーを入れる

ウイスキー梅酒 ウイスキーを入れる

最後にウイスキーを入れます。

7、仕込み完了!

ウイスキー梅酒 完成

これで仕込みは完了です。すっごくカンタンでした。

あとは出来上がりをひたすら待ちましょう。

ウイスキー梅酒の注意点・ポイント

ウイスキー梅酒 1年後

それなりの量ができる

梅の量を500gとしても2リットルできるので…かなりの量になります。

ロックでがぶがぶ飲む人でないかぎり、1度に飲む量もそんなに多くないですしね。

置いておいて悪くなるというものでもありませんが、飲みきれるか自信がない人には向かないかもしれません。

ウイスキー以外でも応用できる

今回はウイスキー+梅酒で紹介していますが、ウイスキー以外でも同じように作れます。

たとえばラム・ジン・テキーラ・ウォッカ・焼酎などですね。

ただし、お酒のクセがあまりに強いと、梅との相性という問題もあるので注意しましょう。

MEMO
お酒は35度以上のものを使うと失敗しにくいです。

すぐは飲めない

ウイスキー梅酒は、浸けてから3ヶ月から半年後が飲み頃

作ってすぐに飲めるというわけではありません。

それどころか、梅酒は基本的に1年おいたほうがおいしくなるそうなので、気長に待つ必要がありますね。

ウイスキー梅酒を実際に飲んでみた

ウイスキー梅酒を浸けてから3ヶ月後と1年後に、それぞれ飲んでみました。

実際の感想をどうぞ。

3ヶ月後

梅の味とウイスキーの味、それぞれがとがっていて、それぞれの主張が強いですね。

梅の香りが強いので、合わせるおつまみを選びます。

具体的に言うと、塩辛やしめ鯖のような生臭ものには合いませんでした。

ウイスキー梅酒単体で飲むぶんには十分おいしかったです。

1年後

ウイスキー梅酒 1年後外観

青梅がシワッシワになりました。

ウイスキーの色もじゃっかん薄くなったような。

ウイスキー梅酒 1年後中身

もはや梅じゃないみたいですね。笑 (※浮いている葉っぱのようなものは、後から香りづけに足したハーブです)

味ですが、3ヶ月のときにはとがっていたのが、めちゃくちゃ丸くなってます!

風味は梅、お酒としてのコクはウイスキーが担当しているという感じ。

梅感がすごいですが、市販の梅酒のようなべったりとした甘さがなく、控えめな甘さですごく飲みやすいです。

ちなみに梅の酸味もありました。

ただウイスキーはそんなに出てこないです。

ウイスキー感を期待して飲むとちょっと違う…となるかもしれません。

まとめ:ウイスキー梅酒はウイスキーと梅酒のいいとこどりだった

予想はしてましたが、ウイスキー梅酒は本当にウイスキーと梅酒のいいとこどりでした。

梅酒ほど甘ったるくなく飲めますし、ウイスキーとしては梅の風味が加わってひと味違う味わいになります。

浸けてから3ヶ月後と1年後の味の違いにもびっくりしました。

このまま寝かせつづけたら、もっとまろやかになっていくんでしょうか?

味わいの変化を楽しみながら飲めるというのも、手づくりならではの醍醐味ですね。

4つの材料でカンタンに作れるので、青梅が出回る時期にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

おまけ:作り方の参考レシピ

参考:梅酒の作り方が簡単だと気付いたので焼酎とウイスキーで自家製梅酒を仕込んでみた

参考:梅酒の作り方(レシピ)

参考:ウィスキー梅酒作りまとめ