部屋の中でも徹底防寒!寒さ対策におすすめのグッズ7選【Amazonで買える】

暑さの厳しい夏もつらいですが、寒い冬もつらいもの。

お出かけのときはもちろんですが、部屋の中や会社にいるときも、寒さ対策は万全にしたいですよね。

わたしは雪国に住んでいるので、11月〜4月までの約半年間はほぼ冬です。

自宅で仕事をしているため、これまでいろんなグッズを取り入れて、あらゆる手段で防寒につとめてきました。

その経験を踏まえ、今回は寒さ対策におすすめのグッズを厳選して7つ紹介したいと思います!

▼女性向けの寒さ対策グッズはこちら

関連記事:女性向けのおしゃれ&かわいい防寒・寒さ対策グッズおすすめ7選!【楽天で買える】

寒さ対策におすすめのグッズ7選

1、電気毛布

3〜4年前に初めて使ったのですが、「なんで今までコレを使わなかったんだ……!!」と衝撃を受けたグッズのひとつ。

電気毛布には敷きタイプ掛けタイプがあります。

・YAMAZENの手ざわりなめらか・掛けタイプ

電気毛布

わたしがメインで使っているのは、YAMAZENの手ざわりなめらか・掛けタイプです

▼商品はこちら。

商品名にも「ふわふわもこもこ」とか「プードルタッチ」とかありますけど、本〜当に手ざわりがなめらかです。

いつまでもさわっていたくなる。

▼素材の感じのアップ。
電気毛布素材アップ

全身に掛けるにはややサイズが小さいので、足先に当てたり腰に敷いたりと適宜動かしながら使ってます。

冬は布団に入れたままで、寝るすこし前にスイッチを入れておけば、布団の中もぽっかぽかで幸せに。

6,000円ぐらいしましたが、じゅうぶん元は取れたと思います。

・YAMAZENの大きめ・敷きタイプ

じつは電気毛布はもうひとつ持っています。

これは主に夫が使っているもの。電気毛布2

同じくYAMAZENのものですが、これは大きめ(長め)で、敷き布団に敷いたままで使えるタイプ。

これは素材はペラペラですが、敷き布団と布団カバーの間に入れ込んでしまえば、手触りは関係ないので問題なし。

わたしは温める部位を変えながら使いたいし、暑くなったら取りたいので小さめタイプを掛けて使っていますが、夫は敷きタイプのほうがいいようです。

こちらは4,000円ぐらいで買えます。

好みで使い分けるといいですね。

2、ブランケット

ブランケットは地味ながら、何気に便利な存在です。

雑貨屋さんでもたくさんのデザイン・サイズが売られていますね。

  • ちょっとしたお出かけのときの羽織りに
  • 車内のひざ掛けに
  • 仕事中のひざ掛けに
  • ちょっとお昼寝に
  • 調理中の腰巻きに(※ボタン付きのタイプもあります)
  • 猫のベッドやキャリーバッグに敷く用に

こんな感じで、正直何枚あっても困らないので、いろんなデザイン・サイズ別で揃えてもいいと思います。

▼わたしは猫とリラックマが好きなので、この2枚をメインに愛用中。

ブランケット

▼もこもこ素材を選ぶと幸せになれます。

ブランケット素材アップ

▼女性向けのかわいいものがいっぱいありますよ〜。

3、蓄熱式湯たんぽ

湯たんぽって正直面倒…と思って敬遠していましたが、昨シーズンいいものを見つけました。

蓄熱式湯たんぽというものです。

これはお湯はいらず、電気に15分ほどつないでおけば暖かくなってくれる「蓄熱式」。

関連記事:蓄熱式湯たんぽ「ECO-TANPO」を購入。使ってみた感想とおすすめポイント

枕よりひと回り小さいぐらいのサイズなんですが、何がいいって、生理でお腹が痛いときにピンポイントで温められること。

同じように、腰が痛いときは腰に使いますね。肩や首が凝ってたら、枕がわりに使ってもいいかもしれません。

また、座り仕事なら足元に置いておくだけでも便利です。

面倒なお湯の取替がいらないし、使いたいときに15分充電すればいいだけなので、めっちゃラクでおすすめ。

▼女性向けのかわいいものも揃ってます。

4、貼るホッカイロ

貼るホッカイロ

貼るホッカイロは馬鹿にできません。

わたしは毎シーズン1〜2回は箱買いしてます。

基本的に腰や肩甲骨のあいだ、首の後ろなどに貼ると、雪の中外に出かけても大丈夫。

もちろん、生理痛のときはお腹にも貼ります。お腹と腰のダブル使いでかなり軽減されますよ。

コンビニでも1枚から手軽に買えるので便利です。

▼歩きまわるときは靴用(靴下用)も愛用してますね。

5、窓用断熱シート

今年ぜひ導入したいのが、窓用断熱シートです。

サッシの隙間から冷気が流れ込んでくるのが、地味に寒いんですよね……。

プチプチでも対策できるようですが、見た目がよろしくないので、専用のシートを買うつもりです。

スキマテープも使えそうですね。防音効果もあるらしい。

6、電気カーペット

電気毛布同様、ここ2〜3年でデビューしたのが電気カーペットです。

居間のテーブルの下に敷いておくだけで、下からほんのり暖気がくるし、足元がポカポカで最高。

アルミシートを併用するとさらに保温性が高まるので、セットで買うのがオススメです。

7、真空断熱タイプの水筒

暖かさは体の中からも取り入れましょう。

保温性が高い、真空断熱タイプの水筒を使えば、常に温かい飲み物が飲めます。

わたしはいちいちお湯を沸かすのが面倒なので、冬は朝に水筒に飲み物をつくっておきます。

真空断熱タイプだとタンブラーが有名ですが、保冷性はともかく、飲み口が広いと冷めやすいので、冬はフタつきのタイプがおおすすめですよ。

関連記事:真空断熱タンブラーは陶器風がおしゃれでおすすめ!1年使ったわたしの感想と選び方

マグタイプも便利。

まとめ:あったかグッズで家の中を快適にしよう

自宅でも会社でも、体を温める工夫は必須です。

そのためには、便利グッズを活用するのもひとつの方法。

体の内側から・外側から積極的に防寒し、なるべく体を冷やさない工夫をしましょう!