初心者はウォーキングから!30代女子がランニングを始めて2ヶ月までの感想

ランニング2

こんにちは。毎日パソコンの前で仕事をしていて運動不足のくらげです。

わたしは特に「運動が嫌い」というわけではありませんが、自宅仕事になってからすっかり腰が重くなり、気づけば体重は過去最高を記録…。

そこで一念発起して、ランニングを始めてみることに!

30代女子がゼロからランニングを始めた方法や、2ヶ月までの感想をまとめました。

なお、ランニングを始めるにあたって、最初に揃えたグッズ&アプリについては、「ランニング初心者女子が最初に揃えたグッズ5つ!アプリも活用しよう」という記事で紹介しています。

ランニング初心者女子が最初に揃えたグッズ5つ!アプリも活用しよう

初心者のランニングの始め方

まずは何をどうしたらいいかわからないので、本を買いました。

中野ジェームズ修一さんの「世界一やせる走り方」です。

ランニングで陥りやすい問題や疑問に答える形で進んでいき、とても読みやすいです。

読み返すたびに走りたい気持ちが湧いてくるので、もはやバイブル的存在ですね。笑

初心者はウォーキングから始めよう!

こちらを参考に、まずは歩くことからはじめました。

初心者がいきなり走り出すと、足や膝を痛める危険があるそうです。

本には、自分が痩せたい体重から逆算して走る量を計算する方法がありましたが、初心者にはとてもムリなペース…。

とりあえずは週3〜4日、曜日で決めて走ることにしました。

わたしの場合は月・水・金・日曜日という設定です。

初心者がランニングをはじめて2ヶ月までのリアルな感想

ランニング1

それでは、まったくの初心者がランニングをやってみた感想を、初日〜2ヶ月目までのメモで振り返っていきましょう。

MEMO

期間:2017年9月〜11月

プラン:ストレッチ&筋トレ→走る

時間帯:昼2時〜4時までの間

場所:公園・堤防など

〜1週間

最初は家の近くのウォーキングから始めました。

腕を大きく降り、早足で、股関節から大きく動かすように歩くことを意識。

よくこういう風にウォーキングしている年配の方を見ますが、まさか自分もやるとは思ってもみませんでしたね…。

同じ場所だと飽きると思い、近くの公園を何ヶ所かまわっていました。

気になったことは以下の通り。

  • 股ずれが気になる(太ももの肉がこすれる)
  • 意識していないとペースが一定に保てない
  • ついつい腕を振るのがおろそかになる

〜2週間目

歩くのが全然きつくなかったので、次のステップへ。いよいよ走ってみます。

ペースはめちゃくちゃ遅いのですが、体が上下に揺れることで、脚にけっこうな負担(重さ)を感じますね。

あと、普通のブラだと胸が揺れるのが気になるかも。スポーツブラってこのためにあるんだなと実感しました。

初心者にありがちな膝の痛みはありませんでしたが、走り終わると足首の筋がピーンとなる感覚が。

本にもあるとおり、走る前と後のストレッチを入念に行いました。

この時点ではまだずっと走る余裕がないため、走る→歩く→走るの繰り返しです。

〜3週間目

だいぶ体が慣れてきたため、通して走ってみます。

1km→1.5km→2km→2.5kmと徐々に距離を伸ばし、3kmまで走れるようになりました!

一番痩せやすいとされる心拍数(※人によって異なるため、本に載っている計算式を参照)には遠く及ばないペースですが、かなり汗はかきます。

自分が3kmを走れるなんて信じられない気持ちですね。

体重はここまで変化ありませんが、体脂肪率がじわじわと落ちてきました。

〜1ヶ月目

走ることにだんだん慣れてきました。走る場所は家の近くの堤防に決め、毎日同じコースです。

1回5km・40分ちょっとのペースに落ち着いてきました。

最初の1kmが異様にキツイんですが、そこを越えるとスッと楽になる感覚があります。これも本に書いてあったとおり。

走り始める前は坂道を走るなんて無理!!と思っていたものの、やってみると意外と走れることにびっくりです。

この時点で、1km8分を切るくらいのペース

気づいたことは以下の通りです。

  • 肩こりがとれ、肩甲骨まわりがほぐれる
  • プランク(筋トレ)ができる時間が長くなった

〜2ヶ月

体が慣れてきたため、週3日のところもあったのを週4日で定着させるようにしました。

すると意識しなくても、毎回ちょっとずつタイムが縮むようになってきましたね。

平均が1km8分台から7分台になり、1ヶ月と3週目には6分台もマーク。自分では全然苦しくないし、頑張っているつもりもないのに不思議です。

毎日片道2.5kmの地点で折り返し、5km走るようにしていましたが、一度6.5kmを走ってみたら意外といけることがわかりました。走っている間は体も軽くて、どこまでも走れるような、気分爽快!という感じ。

ただし、走り終わったあとの疲労感は半端じゃなかったです…。

足に力が入らず、翌日まで疲れが残っている感覚がありました。やっぱりまだ無理せず、5kmぐらいがいいのかもしれません。

そのほかに気づいたことは以下の通り。

  • 太ももの後ろ・前側が固くなってモリっとしてきた
  • 汗が流れる量は減った(秋になって外気温が下がった)が、走り終わると背中とお腹はぐっしょり
  • 寝付きがよくなった
  • プランクが楽にできるようになってきた
  • 体の痛みは特にない

その後

2ヶ月を越えたあたりから、一気に体重が落ち始めました。やっと!!という感じです。

具体的には体重は2kg・体脂肪率は3%減少しました。

走った日に体重計に乗るのが楽しみでしたね。

しかし、ここにきて雪が降り始めて、走ることができなくなってしまったのです…。

よって、体重もそこで停滞することに。

今後、冬の間はランニングマシーンを使っていきます。

「買ってよかった!amazon・楽天市場で買えるオススメグッズをまとめて紹介」という記事で、ランニングマシーンを紹介してますよ。

買ってよかったもの19買ってよかった!amazon・楽天市場で買えるオススメグッズをまとめて紹介

2ヶ月走ってみて

自分としては、かなりストイックにやれた気がします。

週に3〜4日、ストレッチと筋トレ+走る時間として1時間の空きを作るのは最初は大変でしたが、一度組み込んでしまえばルーティーン化するものです。

曜日で決めてはいたものの、雨の日やお出かけがある日は前後にずらしたりして、極力週3日以下にはならないよう気をつけました。

旅先で、朝旅館を出て知らない土地を走るのも楽しかったです。

歩くことから始めたことと、「速さ」を目的にしていないことで、「走ることの苦しさ」みたいなものはほぼ感じなかったのもよかったと思います。

そりゃ、たまには休みたい日もありましたけどね…。

気分転換になる

2ヶ月を越えるまで体重が動かなかったのには、さすがにくじけそうでした。

でも実感として脚にどんどん筋肉がついていき、走るのもラクになっていったし、走ること自体がすごく気分転換になる感じがありました。

走ると血行がよくなるし、汗もかくし、何だかスッキリするんですよ。

私が走るコースにはプロ並に速い人もたくさん走っていましたが、他人と比べずに自分のペースを守ることが大事かな、と思いました。

ダイエット目的の場合は速さはほどほどでいいし、体を痛めては何にもならないので。

総合的に、走ることを楽しんでやれたと思います。

ランニングは意外と楽しい!やってみたらハマるかも

ランニング2

学生時代はどちらかというと短距離や幅跳びのほうが得意で、長く走ることを楽しいと思ったことは一度もありませんでした。

そんな私でも、ダイエットという目標を持つことと、速さにこだわらずあくまで自分のペースを保つことで、ランニング(ジョギング)を楽しんで続けることができています。

「走るのなんて絶対無理!!」とか、「運動は嫌い…」という人にこそ、ぜひ一度はやってみてほしいです。

それはそんな人ほど意外にハマってしまう可能性があるからです、わたし自身がそうだったように。

▼初心者には「世界一やせる走り方」という本がすごく参考になるのでおすすめですよ。