なにわ梅(八助梅)とは?シロップ煮を作ってみたら…

なにわ梅とは?

7月になると地元のスーパーや産直施設に出回るようになる、なにわ梅。

別名「八助梅(はちすけうめ)」とも言われます。

梅より大ぶり、見た目はオレンジで、とても梅には見えないけどなぁ…とずっと不思議に思っていました。

 

そこで調べてみたところ、じつは「なにわ梅」は通称。

品種としては梅ではなく、杏(あんず)の一種なのだそうです。

八助(はちすけ)
青森県南部地方および岩手県北部の在来種、通称八助梅(wikipedia「アンズ」より引用)

また、主な生産地である青森ではもはや「なにわ」「八助」をつけることなくただ「梅」と呼ばれるとか。

あんずとしては酸味が少なく、独特の歯ごたえがあることから、梅干しに適していたことがその由来だそうです。

参考 あんず 八助青森のうまいものたち

わたしの住まいは青森ではありませんが、近いので出回るのでしょうね。

なにわ梅のシロップ煮を作ってみた

梅干しにはもう遅い時期なので、なにわ梅のシロップ煮を作ってみることにしました。

レシピ

  • あんず 500g
  • 砂糖 300g
  • 水 250cc
  • レモン汁 少々

作り方

  • STEP.1
    瓶を煮沸消毒して乾かしておく。
  • STEP.2
    なにわ梅を洗い、半分に切って種をとる。
  • STEP.3
    水を鍋に入れて沸かし、砂糖を入れて溶かす。
  • STEP.4
    別の鍋にお湯を沸かし、なにわ梅を30秒ゆでる。
  • STEP.5
    なにわ梅の湯を切り、シロップとともに瓶に入れる。

長く保存するなら5の手順のあと一度脱気し、瓶ごと煮沸してくださいね。

注意
ゆですぎると煮崩れてしまい、食感も悪くなります。

煮崩れない方法も見つけたので載せておきます。(※もとはあんずのレシピです)

参考 杏のシロップ煮の作り方つくる楽しみ

びわの缶詰のような味

かなり熟したなにわ梅を使ったせいか、けっこう煮崩れてしまいました。(写真はマシなものを撮ってます 笑)

食べてみると…すっごい缶詰の味!びわの缶詰ですねこれ。もしくは黄桃。

ただ、シロップの甘みもありますが、なにわ梅自体に酸味があります。

食べにくいようなクセはなく、果実はほろほろとしていました。

ゆですぎなければもっと”シャリシャリ”とした食感が残るのかもしれませんね。

食べ方は?

まずはヨーグルトにかけて食べたいな、と思いました。パンに塗ってもいいかな。

ソーダやお酒で割ってもおいしいと思います。

まとめ:慣れたらうまくできそう

今回はいろいろ反省点がありましたが、初めてなのでこんなものでしょう。

毎年出回るものなので、ぜひ来年再チャレンジしたいですね。

おまけ:なにわ梅で梅干しも作れるらしい

なにわ梅で梅干しを作っている方もいらっしゃいました。

レシピ・作り方も載っていますよ。

参考 八助梅(なにわ梅)の漬け方小町の日々の暮らし