映画「永い言い訳」感想。明日変わってしまうかもしれないこの世界で

永い言い訳ポスター

 

「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。」

2016年公開の西川美和監督映画「永い言い訳」を観ました。

ある日、突然事故で妻が亡くなった。その日からの主人公の物語です。

西川美和監督作品は、これまでに「ゆれる」「ディア・ドクター」の2作品を見ました。

いずれもテーマがむずかしく、多くは語らず、観たあとにいろんなことを考えさせるタイプの映画だな、という感想。

個人的に、今まで観た西川作品の中で、一番おもしろいと感じたのが「永い言い訳」でしたね。

俳優陣が豪華

俳優陣はなかなかに豪華です。

まず主人公の小説家・衣笠幸夫(きぬがさ・さちお)役を本木雅弘

妻の夏子役に深津絵里。序盤で亡くなってしまいますが。

そして夏子とともに事故で亡くなった夏子の親友・大宮ゆきの夫・陽一役を竹原ピストル

陽一の子どもは、保育園に通うあかりと、小学6年生の真平がいます。

幸夫のマネージャー・岸本役に池松壮亮。最近キテる俳優さんですね。

そして幸夫の不倫相手には黒木華です。黒木華がちょい役というのが意外でした。

「永い言い訳」感想【ネタバレあり】

最初のシーンで、さっそく主人公・幸夫が嫌いになりました。

まさにそれが狙いなのでしょうし、幸夫のひねくれ具合をあらわす秀逸な場面です。

本名が有名人と同姓同名だったことで、コンプレックスを抱いてきたことがわかります。

不倫相手からのメールに手をのばす、家を出ようとした夏子がきびすを返しふたたびドアを開ける、何ごともないように顔を向ける幸夫。

何気ないシーンですが、夏子はきっと気づいているんだと思います。幸夫が浮気をしていることに。

それでも何も言わない。

これは送信されずに携帯に残っていたメールから推測できます。

「もう愛してない。ひとかけらも。」

幸夫がそうであったように、夏子も幸夫と向き合うことはとうに諦めてしまっていたのかもしれません。

夏子は子どもが欲しかったんじゃないのか

映画のなかで陽一が言っていたように、夏子は子どもが欲しかったんじゃないのかな、と思います。

でも言わなかったのか、言えなかったのか。

最初のシーンでしつこいほど夏子の言うことに食い下がり、あくまで自分が優位に立とうとする幸夫を見て、これじゃ言う気も願う気も失せるよな、と感じました。

子どもが欲しい、でも幸夫とは望めない(もしくは子どもが欲しくても、”幸夫の子ども”はいらなかったかも)。

そんな夏子の救いになっていたのは、大宮家の子どもたちと過ごす時間だったのではないでしょうか。

あかりと真平が、そこにいない夏子のことを「なっちゃん」と呼んでいたことから、そう想像してしまいました。

暗がりのエゴサーチ

妻の通夜のあと、幸夫がひとりで「津村啓(ペンネーム)」で延々とエゴサーチしている姿は、ほんとに異様な光景でした。

異様だと感じつつも、幸夫の立場ならやってしまうんだろうな、とも思う。

そこに打ち込まれる文字は、ペンネームである「津村啓」のあとに「愛人」「不倫」「嘘」……。

後ろめたさが、彼の背後にべったりと張り付いていることがわかります。

あと、1人うつろな目で白鳥ボートをこいでる画もヤバかった。いちいち象徴的。

孤独の人

大宮家のひとびとは、みんな夏子と仲良しでした。

陽一も、夏子から幸夫のことを聞いていたんです。

けれど、幸夫はだれのことも知らなかった。

夏子と一緒にいて亡くなった、夏子の親友「大宮ゆき」という女性のことさえも、きっと聞き流していたのでしょう。

夏子が亡くなったときに一緒にいた不倫相手・福永が幸夫から去るシーン。

「あなたは誰のことも抱いてない」

まさに、なセリフ。

幸夫はだれとも向き合うことなく、深く関わろうとせず、ただ「津村啓」という仮面でコンプレックスを覆い隠して生きてきて、いつしかそれが当たり前になってしまっていたのではないでしょうか。

ただ、自分でも「ダメな自分」は自覚しているというところで、最初は嫌いだった幸夫が、自分と似た人間のように思えてきました。

幸夫を嫌だなって思うということは、自分のなかにも幸夫のような部分があるからだろうな、と。

子どもたちとのふれあい

物語が進んでいくうちに、大宮家の子どもたちと幸夫の交流が深まっていきます。

はじめは見るからに人見知りをしていた子どもたちが、だんだんと幸夫になついていく過程がとってもよかった。

子どもたちの演技がまた、すごく自然で。とくにあかり役の女の子はよかった。演技がいいというより、自然だったからよかったのかもしれませんね。

「いとこの幸夫です!」で声が裏返ったり、最初は自転車で登れなかった坂を登りきったり、父親には言えない本音を真平がもらしたりと、細かい描写がいいんですよね。

こういうコミカルな演技は「おくりびと」にも通じるところがあります。

起承転結の「転」のシーン

陽一が先生と仲良くなったことで、5人でかこむ夕食。”理想的なあったか家族”を象徴するかのような、鍋!です。

やっと子どもたちと仲良くなれたというのに、そこへ介入してくる先生に幸夫がイラッとする(嫉妬する)のがよくわかり、みていて痛々しいほどでした。

陽一は、ずっと消せなかった奥さんからの最後の留守電を、この前のシーンで消しています。幸夫に「半年も経つんだから」といわれ、前を向く決意をするんですよね。

なのに酒に酔ったいきおいにまかせて幸夫は暴言を吐き、その場を飛び出してしまう。大宮家にもいかなくなる…。

「家族や友人との関係なんて、すぐに変わってしまうもの」と幸夫は言っていますね。

人生とは他者である

電車で帰るシーン、夏子が死んでからずっと泣けなかった幸夫は、ようやく涙を流します。

この涙、わたしはすごく共感しました。

「このままじゃ、俺みたいになる。愛すべき人を誰も持たない人生になる」

幸夫は、つらいことや見たくないことからずっと目を逸らしてきた人。なにもかもストレートな陽一とは正反対の人。

わたしも幸夫と同じです。他者との関わりをうまく持てず、いろんなことから逃げてきた人生。

自分でそれをわかっているから、自分で自分を卑下したり、酔いつぶれて暴言を吐いたり、素直な気持ちを表に出せず取り繕った言葉しか言えなかったりする。

「人生とは他者である」

けっきょく、夫婦関係すらろくに顧みなかったこと、妻が死んだこと、それ自体が「メッセージ」だったんだという幸夫の言葉は正しかったのではないでしょうか。

すべては自分にかえってきたのだから。

まとめ:「乗り越えていく」物語

そもそも人生とは、それ自体が「永い言い訳」なのかもしれません。

まっすぐ、正しく、間違えずに生きていける人などいない。

妻が死んでから、妻がこれまで愛してきた時間や思いに触れた。

そして、今まで妻にもらっていたものを知った。

自分が大切な人をなくしたら、一体どんなふうに乗り越えればいいのだろう。

それでも、永い永い言い訳を繰り返しながらも、人は歩き続けていくんでしょうね。

永い言い訳ポスター

アスミック・エースHPより引用)

考えてみたらこの映画のポスターって、現実にはありえなかったシーンなんですよね。

いわば妄想、想像。

なにかひとつでも違っていたら、ありえたかもしれない世界。

自分が生きている「いま」は、果たして、言い訳がましくないだろうか?

明日すべてが変わってしまうかもしれない世界で、ちゃんと生きているだろうか?

そう問いかけてくるような映画でした。

Amazonプライム会員なら無料で観られます。