【故障】SONYのカメラ「α5100」が1年経たず動かなくなった!SONYの修理に出してみた話

α5100 修理から帰ってきた

2017年4月にSONYのα5100を購入して以来、仕事に遊びにと大活躍でした。

関連記事:ミラーレス一眼カメラ「SONY α5100」を購入!使ってみた感想・おすすめのアクセサリーまとめ

しかし、ハードに使いすぎたのか、ある日突然動かなくなったんです!!

1年も経っていないのに何で??とかなり焦りましたね……。

そこで、SONYの修理に出してみることにしました。

動かなくなった経緯や修理の流れ、注意点についてまとめていきます。

カメラが突然おかしくなった

わたしのカメラの状態については以下のとおりです。

  • 2017年4月購入
  • 1週間に3〜4回、1回に1,000〜1,200枚を撮影

事件が起きたのは、2018年1月。購入から8ヶ月後のことです。

その日もいつも通りに撮影を始めたのですが、突然どうやってもピントが合わなくなりました。

▼画像のように、緑の点々がいっぱい出て、どこに向けてもピントが合わない状態。

α5100 ピントが合わない

α5100 ピントが合わない2

(※カメラを向けているのはMacBook Airです)

さらに、電源以外のボタン操作が一切効かなくなりました。

メニューも、ズームも、シャッターボタンもすべてです。

考えられる原因

まず思ったのは、「ハードに使いすぎたか!!」ということですね。

1年経たずに動かなくなるなんて、いくらなんでも早いですし。

1ヶ月に1万6千枚×8ヶ月とすると、12万8千回はシャッターを切っていることになるので、シャッターに負担をかけすぎたのかな…と思ったんです。

とはいえ、素人なので本当の原因はわかりません。

▼同じような症状が出たという人のブログもありました。

ということは、SONYのカメラではわりとよくあることなのでしょうか……。

参考:SONY α6300が一年経たないうちに故障??

参考:α6000(ILCE-6000)が故障した?ボタンを押しても反応しない※追記あり

SONYの修理の流れ〜修理の申し込み

調べてみたところ、SONYでは購入から1年以内なら保障がきき、無料で修理してくれるとのこと。

SONYの修理相談ページには、まずは何のトラブルかを調べ、自分で解決する方法が載っています。

SONY修理相談ページ

それでも解決できない場合、修理の目安料金を確認したあと、修理を申し込むという流れ。

ソニーのサービスステーションが近くにあれば、持ち込んでの相談も可能です。

SONYサービスステーション一覧

また、相談だけであればチャットやメールでも受け付けていますよ。

▼わたしの場合は住んでいるところが田舎なので、インターネットで申し込むことにしました。

カメラ修理申込画面

型名や症状を入力し、申込み完了。

α5100 修理受付の案内

買ったときのカメラの箱に入れ、宅急便で発送しました。

カメラが無事帰ってきた!

修理に出したのが2018年1月17日。

そしてカメラが帰ってきたのが2018年1月23日でした。約1週間後ですね。

▼バッテリーやSDカードを外して送らなきゃいけなかったようですが、知らずにそのまま送ってしまいました…

カメラ本体はきれいにクリーニングされていて、なんだか得した気分に。笑

α5100 修理から帰ってきた

原因については

レリーズボタン接触不具合のため、操作スイッチブロック交換致しました

とのこと。

α5100 修理の詳細

レリーズボタンもスイッチブロックもよくわかりませんが、どうやら大きな問題ではなかったようです。

▼なお、保証期間内だったので技術料や交換費用はかからず、送料のみの負担でした。

それでも2,160円は大きいですが、逆に2,160円で直ったと思えば安いのかもしれませんね。

α5100 修理にかかった値段

SONYのカメラを修理に出すときの注意点

バッテリーとSDカードは外しておく

わたしは思いきり忘れましたが、バッテリーとSDカードは外してから送りましょう。

カメラが壊れた原因がバッテリーやSDカードにあると考えられる場合は同封したほうがいいですが、そうでない場合は送らなくて大丈夫です。

保証書を同封する

購入から1年以内であれば、修理は無料になる可能性が高いです。

そのためには、購入時についてきた保証書を必ず同封すること!

わたしの場合はネットで購入したため、「購入店」に店の名前が入っていませんでした。

念のために明細を印刷して同封しておきましたよ。

保証期間内でも送料がかかることを覚えておく

修理自体は無料になっても、送料はかかります。

最初に送ったときも、記憶が定かではないですが、おそらく宅急便の発払いだったはず。

SONYのサービスステーションが近くにあれば、持ち込んだほうがお得になりますよ。

まとめ:修理は意外とカンタンでした

1週間カメラが使えないのは痛かったものの、ネットから申し込んで修理に出し、あとは待つだけでいいなんて、いい時代ですよね…。

田舎住みなので本当に助かりました。

今まで家電類の保障を利用したことがありませんでしたが、「意外とカンタンに済むんだな」という印象です。

1年以内に壊れたのであれば、無料で直してもらえる可能性が高いので、ぜひSONYの修理サービスを利用してみてください。

参考:SONYのサイトはこちら