2018年1月〜3月期のドラマがおもしろい!アンナチュラル・トドメの接吻・anoneなど

こんにちは。最近ドラマをよく見ているくらげです。

2018年1月〜3月期のドラマは当たりが多いなと思うきょうこの頃。

そこで、わたしが見ているドラマの感想をまとめてみました。

2018年1月〜3月期のドラマ

2018年1月〜3月期のドラマは以下のとおり。

  • 月曜日:海月姫
  • 火曜日:FINAL CUT -ファイナルカット-、きみが心に棲みついた
  • 水曜日:anone
  • 木曜日:BG〜身辺警護人〜、隣の家族は青く見える、リピート〜運命を変える10ヶ月〜
  • 金曜日:カクホの女~神奈川県警・特命捜査~、アンナチュラル、ホリデイラブ
  • 土曜日:もみ消して冬 〜我が家の問題なかったことに〜、明日の君がもっと好き
  • 日曜日:99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ、トドメの接吻(キス)

このうちわたしが見ているのは

anone・アンナチュラル・トドメの接吻(キス)

の3つです。あれ、けっこう少なかったな。

視聴率は?

現在、ドラマによって5話〜8話まで進んでいますが、平均視聴率がもっとも高いのは「99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ」で16.7%。

次いで「BG〜身辺警護人〜」が14.4%、「アンナチュラル」が10.9%です。(3月2日現在)

「99.9 -刑事専門弁護士- SeasonⅡ」は最近当たり続きのTBS日曜21時枠で、前クールは「陸王」でしたね。おもしろそうだとは思うんですが、1話を見損ねてしまうともう追えなくなってしまうのが悲しい…。

「BG〜身辺警護人〜」は木村拓哉さんが主演のためか、安定した数字です。

「アンナチュラル」は石原さとみさんのクールな役柄や、登場人物のかけあいが面白いこと、これまでスポットがあまり当てられてこなかった法医学というジャンルに注目が集まっているよう。

アンナチュラルについて

これはもうね、最初からおもしろかったです。

毎回鋭い問題提起が絡められていて、とくにセクハラの回は、画面の前でわたしも一緒に地団駄を踏みましたね。

だって実際にありえそうだもん、あのシチュエーション。

冷凍トラックに閉じ込められて池に沈められそうになった回もハラハラドキドキでした。

ドラマの定石ではあるのですが、ラストに思わせぶりなところで終わるやり方が、アンナチュラルはけっこうエグいんですよ。笑 そう、基本的にエグいです。

とくに、第一話のミコトと東海林の会話にはぽかーんとさせられました。ご遺体の解剖をした直後に、ぱくぱくと物を食べてエグい話を平気でしてて、アルバイトの六郎が「嘘でしょ…」みたいな顔で見ている、という。

石原さとみさんは、あまりプライベートを見せようとしない、でも仕事にはアツい法医学者役がなかなかハマっているのではないでしょうか。

日浦新さんやずんの飯尾さん、所長役の松重さん、窪田さんなどみんなキャラが立ってて面白いです。

参考 アンナチュラルアンナチュラル公式HP

トドメの接吻(キス)について

第一話は、とにかくわけがわからなかった。見ている側が何もわからないままでどんどん進んでいくので、疑問符だらけでとにかく画面を追っていた感じです。

そのため、第一話の時点では正直面白いのか面白くないのか判断がつきませんでした。でもせっかくだし、と第二話を見たら、だんだん話が読めてきまして。あぁもうこれ、和馬あやしいなと。笑

キスされる側からキスする側へ、立場が逆転したときは痛快でしたね。

サイコとエイトの距離がどんどん近づいてきて、ふたりが変わっていく様子がとてもいい。美尊さん(なぜかアンナチュラルと同じ「ミコト」)だけは脚本にいいように動かされてる感が否めませんが…

尊氏(たかうじ)の人間くさい面もどんどん出てきて、トドメの接吻(キス)に関しては、回を追うごとに目が離せなくなってますね。

ただ、一度キスしても戻れなかったのは何だったんだろう?完全に心臓が止まったらアウトなんでしょうか。

参考 トドメの接吻トドメの接吻公式HP

anoneについて

「Mother」の坂元裕二さんが脚本ということで、期待して見始めました。

風変わりなドラマです。まず主題歌がないんですよ。どこか民族調のテーマソングのようなものが流れるのみ。

そして第一話で出てきた人や環境は、その後にほとんど関係がありません。ハリカの過去がわかっただけ。

るい子さんと舵さん、ハリカ、亜乃音さんの3つの視点で話が進んでいくうちは、見るのが大変すぎました。何もつながってこなかったし。

一緒に暮らしだしてからやっと話が進んできた感じですね。他人同士で暮らして、近いようでいてどっか遠い関係性がすごく現代的。シェアハウスみたいな。

亜乃音さんのハリカへの接しかたが好きですね。わたしもこんな風に見守れる母親になりたい。

ただずーっと感じてるのが、ハリカ役に広瀬すずさんはミスマッチじゃない?ということ。陰のある役はあんまり似合ってない気がするんですよね…喋りかたも可愛すぎるし。広瀬すずさんである必要性があまりわかりません。話題性以外。

演技そのものは悪くないと思いますけどね。大して面白くもない話を、子どもみたいにみんなに話すシーンがいいです。

そして一貫して流れているテーマ「偽札造り」。製法や判別方法など細かいところまで喋ってて、この時代によくこんなテーマ扱ったな!と見てるほうがドキドキしてしまいますね。笑

ドラマの方向性的に、単純なハッピーエンドにはならない気がします。

参考 anoneanone公式HP

視聴方法は?

我が家には録画機器がないため、もっぱらTver(ティーバー)を利用しています。

放送から1週間はいつでも無料で見られるのですごく便利ですよ。

参考 TverTver

ラストが楽しみです

3つのドラマの感想を書きましたが、いずれもこの先の展開が楽しみですね。

アンナチュラルは、「赤い金魚」がどうなるのかドキドキです。視聴率がじわじわ上がっていけば、続編もいけるんじゃないかな〜。

トドメの接吻(キス)は今のままだとサイコがかわいそうすぎるので、エイトが100億を捨てるほうに賭けたい。

anoneで気になっているのは、舵さんが余命わずかの病気という設定のこと。たまに倒れたりしてますが、普段は元気すぎる。笑

亜乃音さんと娘さんの仲直りもなさそうだし、とりあえずハリカと亜乃音さんは幸せに暮らしていってほしいよ…

そんなことを思う、2018年1月〜3月期のドラマ感想まとめでした。